競馬における合成表面と自然表面

競馬用人工芝
多くのスポーツの隠れたヒーロー、そしてしばしば悪役は、プレーされている芝生です。大多数の人がスポーツを観戦するとき、それがゲームや競技に悪影響を及ぼさない限り、地面は忘れられます。芝やトラックの状態を維持することは、公正で安全な競争を確保するために不可欠です。競馬の競馬場は、硬さのわずかな変化がレースを大きく変える可能性があるため、非常に重要です。現在、多くのトラックは、より多くの制御を維持するために合成表面を使用しています。したがって、この記事では、合成表面を競馬の従来の草や土の表面と比較します。ポリトラックなどの合成表面は、世界中で非常に人気があります。 馬のヒント ポリトラックは、「砂、合成繊維、再生ゴムの混合物であり、微結晶ワックスでコーティングされ、現場で混合されている」と述べています。ミックスはトラックサーフェスの6インチを構成し、排水されたサーフェスにのみ適用できます。ポリトラックは全天候型の表面であるため、騎手、トレーナー、競馬場のオーナーに人気がありました。トラックサーフェイスを使用して賭けに影響を与える競馬パンターは、トラックが馬の優位性を決定する主要な条件の1つを減らしたため、満足できませんでした。 どちらのトラックが優れているかという議論は、特に馬の安全をめぐって激怒しています。欧州の人工芝組織は、人工芝が土の上を走る馬よりも壊れにくいことを研究が示していることを明らかにしました。これにより、トラックの一貫性と安全性が大幅に向上します。しかし、サイトはまた、合成トラックは、土や騎手がその上に落ちることとセメントの上に落ちることを比較したよりも多くのメンテナンスが必要であると述べました。これは、ライダーがトラックを嫌うことを感知できるため、馬のパフォーマンスに影響を与える可能性があります。英国で最も有名な競馬場の多くは、今でも伝統的な芝生のトラックを維持しています。一度そのようなトラックは チェルトナムフェスティバル Betfairによると、英国のカレンダーのハイライトの1つと見なされているコースです。 グランドナショナル。芝生の跡の維持は毎年の職業であり、しばしば天候に翻弄されます。 2015年、ガーディアンは、雨が降らなかったためにトラックが懸念されていたと報告しました。しかし、グラウンドマンによる細心の注意により、コースはレースにとって素晴らしいコンディションでした。多くの競馬場は、自然の競馬場が被る可能性のある制御できない問題を排除するために合成表面を採用しています。チェルトナムフェスティバルのような大規模なイベントでは、気象条件に関係なくトラックを良好な状態に保つためにスタッフを雇うことができますが、小規模なコースでは合成表面がより経済的に実行可能です。多くのスポーツのように、自然の表面に対する人工または合成の表面の間の議論は個人的な好みにかかっています。合成表面は、ほぼすべての気象条件で使用でき、表面をより簡単に制御できます。しかし、安全性とトラックの品質の維持の問題は、伝統とともに、土や草の表面が消えることは決してないことを意味します。