人工芝ペイントボールフィールド

フットボール、サッカー、テニス、その他の人気のあるスポーツと同様に、ペイントボールのようなスポーツやレクリエーション活動には、耐久性のある永続的な競技場が必要です。いくつかのペイントボールフィールドは、森、森林、砂漠などの自然環境を取り入れていますが、他の屋内および屋外のペイントボール施設では、人工芝などの他の素材を利用しています。人工芝は、ここ数年ペイントボール施設に使用されています。これは、ペイントボール環境に簡単に適応できるため、プレイヤーにトラクションと安全性の両方を提供するためです。

人工芝ペイントボールフィールド

ペイントボールに使用される人工芝は、簡単に演奏できるように軽量に設計されています。ペイントボールのゲームの重要なコンポーネントには、フィールドバンカーの使用が含まれます。フィールドバンカーは、あまり自然でない環境では、通常、プレーヤーが敵から身を隠すために利用できる大きなインフレータブルです。ペイントボールに使用される人工芝は、すべてのタイプのバンカーに対応するように設計されています。ペイントボールの表面に使用される人工芝のタイプは、通常、ナイロン、ポリエチレン、またはその両方の組み合わせで作られています。弾薬に使用されるペイントボール自体は、主にポリエチレングリコールと他の水溶性成分から作られています。このように、ポリマーは構成されているので、ペイントは人工芝から簡単に取り除くことができます。

ペイントボールの敷地に人工芝を設置すると、数年間は頑丈であり、最小限のメンテナンスで済みます。屋外のフィールドでは、液体をすぐに処理する手動の排水システムがあるため、雨は問題ありません。これにより、効率的な排水により液体や水が溜まらないため、芝の品質が持続します。これにより、細菌、胞子、泥、その他の潜在的な問題も防止されます。人工芝に水をやったり、除草したり、刈り込んだり、施肥したりする必要がないという事実により、人工芝はペイントボールのスポーツの上面になります。交通量、塗料、バンカー、泥、および気象条件の多い自然の芝生を維持しようとすることは、このように困難な場合があります。

アートターフ ショートブレードターフ :短ブレード芝は、屋内または屋外のどちらのフィールドにも使用でき、清掃が簡単になります。屋外のフィールドがある場合は、「実際の芝生」の外観を好んでください。 ロングブレードターフ.

アートターフ ロングブレードターフ:長いブレードの芝は、屋外のフィールドで通常使用されます。屋内のフィールドがある場合、屋内で長いブレードをクリーニングするのは面倒な場合があるため、「短い」芝の選択をご覧ください。

異なるフェースウェイト、密度、パイルの高さなどで設計された現代の人工芝は、ペイントボールの潜在的な用途に合わせて多種多様な製品を提供しています。フットボール、サッカー、その他の一般的なフィールドスポーツと同様に、ペイントボール用の人工芝は、品質、安全性、耐久性を考慮して作られています。大規模な屋外ペイントボールフィールドでも、小規模な屋内施設でも、ペイントボールのスポーツに利用できる多くの人工芝オプションがあります。