フットボールグラスの基礎準備: 基本原則とさまざまな種類

アート芝サッカーサブベース 3

頑丈で安定した基礎を準備することは、 サッカー場への人工芝の設置。この記事では、基盤をしっかり構築するために従うべき基本原則について概説します。安定性や表面の均一性から排水の考慮に至るまで、それぞれの側面が最適な競技面を作成する上で重要な役割を果たします。さらに、利用可能なオプションを包括的に理解できるように、さまざまなタイプのサブベースについても説明します。

基本原則

  1. 安定:

    サブベースは、フットボールの厳しい要求に耐えられる強固な基盤を確立する必要があります。長期安定性を確保し、経時的な沈下を防ぐには、下地基材を適切に圧縮することが不可欠です。

  2. 平らで均一な表面:

    安定したプレイアビリティを促進し、プレーヤーの潜在的なリスクを最小限に抑えるには、平らで均一な表面を作成することが不可欠です。凹凸や起伏のない滑らかな競技面を実現するには、レーザーレベリングなどの精密なグレーディング技術を使用する必要があります。

  3. 効果的な排水:

    最適なプレー条件を維持するには、適切な排水が最も重要です。路床は、地表からの効率的な排水を促進するように設計する必要があります。これは、透水性路盤材料の使用、排水路やパイプの組み込み、または畑の適切な傾斜とピッチの確保によって実現できます。

  4. 霜よけ:

    霜の影響を受けやすい地域では、路盤の損傷を防ぐために予防措置を講じる必要があります。霜により材料が膨張し、凹凸が生じたり、人工芝に損傷を与える可能性があります。適切なサブベースの設計、断熱、または霜よけ層の追加は、霜に関連する問題を防ぐのに役立ちます。

排水システム

サッカー場のベースの低いスポットと池

さまざまなタイプのサブベース:

  1. 設計された集合体ベース:

    人工骨材ベースは、サッカー用人工芝の設置によく選ばれています。通常、この基礎は花崗岩や石灰岩などの圧縮砕石で構成され、安定性と耐久性を提供します。優れた排水能力を促進し、人工芝の強固な基盤を形成します。

  2. ダイナミックベースシステム:

    ダイナミック ベース システムは、パフォーマンスと耐久性を兼ね備えたユニークなサブベース設計を提供します。砕石、角骨材、特別に加工された材料が組み込まれています。この設計により、衝撃吸収性が向上し、怪我のリスクが軽減され、フィールドでの全体的なプレイアビリティが向上します。

  3. ジオテキスタイルサブベース:

    ジオテキスタイル サブベースは、良好な土壌条件と適度な使用量のサッカー用人工芝の設置に適した費用対効果の高いオプションです。これには、下層土と骨材層の間の分離層としてジオテキスタイル生地を使用することが含まれます。この生地は下地を安定させ、微粒子の移動を防ぎ、排水性を向上させます。

  4. 透水性アスファルトベース:

    降雨量が多い地域や土壌排水条件が悪い地域に最適な透水性アスファルト下地は、特殊な下地下地オプションです。基層に多孔質アスファルトを採用し、効率的な透水・排水を実現します。

結論:

サッカー場への人工芝の設置を成功させるには、十分に準備された下地が不可欠です。安定性、表面の均一性、効果的な排水、凍結防止の原則を遵守することで、最適なプレー条件を実現できます。利用可能なさまざまなタイプのサブベースを理解することで、現場所有者は特定の要件に基づいて情報に基づいた意思決定を行うことができます。

さらに読むことをお勧めします:

合成ターフベースシステムのガイドライン  – by&Copyrightはに属します 人工芝評議会
サッカー芝システムのサブベースの準備 – 著作権は次の者に属します FIFA